今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

2度目

またしても、映画『君の名は。』を観に行ってきた。

2回も観に行こうとするじぶんにも、

じぶんを動かすこの作品にも、少しの驚きはあるが、

それでももう一度観たいと思う作品だと思った。

1度目とはちょっとは違うだろう冷静な感覚のじぶんで、

観てみたいと思ったのだ。

 

公開から1ヶ月以上経つこの時期にもかかわらず、

館内は人で溢れていた。

こんなにもみんなポップコーンを食べるんだね。

ホットドッグとかチュリトスとか、食べるんだね。

映画館が元気になっていると感じた。

 

映画の世界というものがあるとして、

そこに入ったらずっとその世界を感じさせてくれる。

それは映画館という場所がもつ力で、映画そのものがもつ力だと思う。

いい映画とは、映画館でしかわからないのかもしれない。

他者と一緒になって映画にのみ集中するという不思議な空間で、

時間を忘れて映画を観る。

音楽も物語も構成も、観る者をその世界から帰さない。

 

心を動かすということは、簡単なことじゃない。

だからこそ、動かされたときに、人は動きたくなる。

映画のおもしろさを感じる映画だと改めて感じたのでした。