今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

必死は隠れている。

じぶんの人生をもっとおもしろくするにはどうすればいいのか。

今日1日ユーチューバーの動画を観ながら、

そんなことを考えておりました。

知らなかったんですけど、

ユーチューバーっていろいろな人がいるんですよね。

だれもが投稿できる時代になって、

たくさんの表現者が現れて、それが職業として成り立っている。

賛否両論あるみたいですが、

お金をもらうからにはおそらく簡単な仕事ではないわけで。

次から次に企画し、実行して、映像編集していかなければならない。

そしてなにより売れるためには、「おもしろく」なければならない。

それって一番単純で、一番むつかしいことなんですよね。

そのためには考え続けるしかないし、やり続けるしかない。

 

そんなところに考えは落ち着くのだけれど、じゃあじぶんは一体どうなんだと。

日々の仕事が忙しいと言って、こなすことだけで満足していないか。

満足してもいいじゃないかというじぶんもいるのですが、

やっぱりちゃんと「欲」もあるわけです。

おいしいごはんが食べたいし、世界を旅してみたいし、

不特定多数にじぶんの「おもしろさ」を届けてみたい。

そういうじぶんにある「欲」を満たすためには、

人並みではどうやら届かないようです。

どこかある意味、狂わなければいけない。

突き抜ける覚悟がなければいけない。

大げさにいうとそんな感じですが、

本当にやっている人たちは本当に必死だと思います。

そう言わないだけで、そう見えないだけでね。

 

そうなんです。

「テスト勉強全然してこなかった」といって満点とっちゃうあの子のように、

必死な姿を見せない必死な人たちが世の中にはたくさんいる。

それに気づかずなんとなく過ごすのも人生だけれど、

満たしたい欲のために、じぶんにできることを必死にやるのも、

また一つの人生だと思います。

ぼくにはできることまだまだある気がするなぁ。

 

ユーチューバーの動画を観たのち、

千原せいじさんの『がさつ力』を読んで、

ふと書きたくなったことでした。