今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

起こすことにある価値

もしも動くか動かないかしか、

世の中にないとしたら。

ぼくらのいう失敗や成功って一体なんなんだろう。

誰かが掲げる正義や、あの人が起こした間違いといわれるものって、

一体なんなんだろう。

これはあくまでいろいろな人の話を参考にしたぼくの考えでありますが、

行動を起こすか起こさないか、

それら含めてどう捉えるか、という話になってくると思うわけです。

怒っている人の罵声も、泣きたくなるような出来事も、

その原因がじぶんだったとしても、

それが失敗だとか、間違いだとかは、

究極のところ、だれにも判断できるものではないわけです。

たまたま人間が今生きている社会という枠の中での常識に照らすと、

そういう意見や考えが大半を占めるってだけでね。

 

じぶんの常識からしたら考えられないような人って、

以外にいます。

そういう人と出会うとき、

こんな人もいるんだなぁって思う。

こんな考えもあるんだなぁって思う。

そして、こうありたいなぁって思ったり、

これはマネしたくないなぁって思ったりします。

つまりは間違ってるとか正しいってことじゃなくて、

じぶんがその生き方をじぶんでおもしろいと感じられるか、

ってところが、ぼくにとっては大切なんだと思うのです。

前向きで、元気で、明るくて、周りを喜ばせることにつながっている。

そんな人を見ると、うれしくなるじぶんがいます。

昨日の帰りのバスの運転手さんなんて、ホント最高だったもんね。

あの運転手さんはじぶんを信じて、行動を起こしてた。

行動を起こすことに価値があるのだと、

あらためて思ったのでした。