今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

わかりやすく伝わること

ここのところの平日はというと、毎度眠気との戦いです。

いかに早くおもしろいと思うものを書き終えて就寝するか。

それが1日の最後にやってくるぼくにとっての大切なこと、というわけです。

この「おもしろい」というのが厄介で、

毎日おもしろいものを書けているかというと、

そりゃそんなわけないことはよく知っております。

それでもできればおもしろいほうがいい。

そしてできれば早く書けたらいい。

そんな願いとは裏腹に、時間はかかるし、

おもしろくないものを書いてしまうし、なんて日も少なくはありません。

そのときはおもしろいと思っていても、

あとで読み返したりなんかすると、

なんじゃこりゃなんてこともいくらでもあります。

 

そうなんですよね。

たいしたことないことを基本書いているわけです。

そんな日々の中で、心を動かせるような話が書けていたらすごくうれしい。

そんなことが今まであったのかは心底怪しいですけれど。

とにかく、たいしたことないことを書く、ということをじぶんが覚えていれば、

背伸びすることなく、そのままのじぶんで書くことができることはたしかです。

何を書いてるんだろ、ってのはあかんとは思いますが、

ちゃんと伝わった上で、なんでこんなこと書いてんだろこの人は、

という反応を引き出せるものだったら、

それはそれでだいじょうぶだと思うわけです。

まずはなにより、わかりやすく伝わることが大事なんじゃないかな。