今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

思わずにはいられない。

先週の土曜日に引き続き、岐阜は明日も花火です。

天気もいいようだし、夜空が美しく照らされることと思います。

それにともなって、あたくしはお仕事であります。

 

何かといろいろありますが、

すべて新鮮なためか、じぶんの性格なのか、

いろいろとたのしませてもらっています。

何度も思うし、何度もここで語っていることですが、

たのしい仕事があるわけでなく、

じぶんがたのしめるかどうか、だけなのだと思います。

だからといって無理やりたのしもうとしても、

なかなかたのしめるものでもないわけで。

いきなりすべてをまるっとたのしもうとするのでなく、

まずは小さなたのしみのようなものを見つけていくこと、

なのかもしれません。

 

それって一体なんだ、というわけなのですが、

ぼくの場合、たとえば、誰かを笑わせることができた、

とか、とても大きいです。

ぼくにとってはとても大きな、それでいて、小さなたのしみです。

そんなことにたのしさやおもしろさを感じる性分なので、

ごきげんにやれてるんだろうと思うわけです。

 

もちろん、ずっとごきげんでいれればいいのだけれど、

そうでないこともあるわけでね。

そんなときは、友達と会ったり、おいしいごはんを食べたり、

だれかを笑わせたり。

となると結局、だれかを笑わせることを生きがいに、

ぼくは毎日を生きることができているのかもしれません。

この世にたった一人だったら、きっと生きていけないね。

 

世の中にはいろんな人がいて、

その「いろんな」にはじぶんの知らないことがたくさん詰まってます。

いろんな人と会うたびに、こちらも「いろんな」気持ちにさせられて、

その気持ちを抱えて、かきまぜて、今日を過ごす。

それはきっとぼくと出会った相手も同じなわけで、

影響というのは、どんな出会いであれ、互いに与え合っているんですよね。

そんなことを考えていると、おもしろいと思わずにはいられない。

だれと会おうと、何が起ころうと、

おもしろいと思わずにいられなくなるのです。