今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

10年後

・今日は久々に、はやく帰ってきた、ような気がします。

実際のところはこれが早いのかどうか、

もはやよくわかっていません。

けれど、雰囲気だけでもはやく帰ってきた感じでいられれば、

こうしてパソコンに向き合う気持ちにも、ゆとりがあるってもんです。

 

・ぼくは特に、なんでもないことをよく考えたり、

妄想したりするのが好きだから、

人よりもぼんやりしていることは多いと思います。

今日は帰りのバスを待っているときに、

10年後のじぶんの気持ち、なんてものを考えていました。

10年後のじぶんが、今日の日のじぶんの気持ちを覚えているかというと、

ほぼなにも覚えていないと思います。

なにをしたかというのも、

忘れられないような大きなことや特別なことがない限り、

覚えていることはそうそうなく、

なんでもない日というのは過ぎ去ってゆく、のかな。

 そう思っているだけで、なんでもない日というものも、

それはそれでちゃんと覚えていたりしますな。

 

どちらにせよ、10年後のじぶんが、

あのときもっとこうしておけばよかったな、

とか思うような過去って、すごいイヤだな、と思ったんです。

それは、今を全力で生きる、みたいな、

月並みなことばに置き換えることもできるかもしれませんが、

そんなことよりも、ただただイヤだと思ったんです。

それでも見方によっては、

あんときこうしておけばよかったと思うことは、

もちろん今のぼくにもあります。

後悔のない人生なんて、本当はどこにもないのかもしれない。

あるのは、見方、考え方だけで。

その見方や考え方によっては、

それがあったからこその今日だし、今日のじぶんなわけで、ね。

 

10年後、生きてるかどうかもわからない。

けれど、もしも生きているのだとしたら、

10年後のじぶんをイヤな気持ちにさせたくない。

つまりは、今日なにをしたかってことで、

一番影響を受けるのは、他でもないじぶん自身なんですよね。

それは当たり前のことなんだろうけど、ぼくはおもしろく感じます。

 

そこらへんに転がっているような、

「当たり前」という石ころを、一度じぶんで磨いてみる。

すると、ときには想像もつかなかった輝きが生まれることもあるんじゃないかな。

そういう意味でも、疑うこと、信じることを、ちゃんと大切にしていきたいね。

それが10年後のじぶんにもつながると思って。