今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

テレビ

いろいろなことを置いといて、

もう今日は「27時間テレビ」をずっと観ておりました。

やるべきことがちらほらあったのですが、ノータッチ。

テレビっ子なひとりっ子全開で、

テレビの前に鎮座しておりました。

今回は「27時間テレビフェスティバル」ということで、

実行委員というかたちで番組MCの方々がいるということ、

そして視聴者参加型の要素が多分にあったことが、

大きな特徴だったと思います。

ぼくはどちらの特徴も「おもしろさ」に、

つながっていたと感じました。

番組MCとして特に大きく柱を立てず、

あくまで実行委員ということで、

ザキヤマさんと陣内さん、永島アナ、佐野アナを真ん中に、

オードリー、ピース、指原さん、伊野尾くん、宮司アナのみんなでってところがいいなぁと思いました。

と細かく書いちゃうところが、

じっくり観ていたことを物語ってますね。

 

企画では特に、スーパーダンク選手権は見応えがありました。

これは全国で選ばれた高校の7人の人たちが、

タップでつないで、最後にダンクを決めるというチャレンジのコーナーです。

生放送ならではの失敗するかもしれない、

というドキドキ感がたまらなかったです。

だからこそ、タップがうまくつながって最後にダンクが決まったときには、

観ていて震えるような快感がありました。

このスーパーダンク選手権を代表として、今回の27時間テレビは、

生放送だからこそできること、27時間だからこそできることの持つ可能性に、

思い切ってチャレンジしていくような番組構成だったように思いました。

 

そんなわけでただテレビを観ていただけなんですが、

なにかしら持って帰ろうとね、じぶんなりにしてたんですけど、

結局「テレビっておもしろい」ってとこに落ち着きましたとさ。