今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

それだけじゃない

就職してから、最初の1週間がようやく終わりました。

仕事といっても、広告業界の左右もわからないぼくに、

いろんなメディアの方々がやってきては丁寧に説明してくださるという、

贅沢な1週間でした。

話を聞かせていただいたどの方も、

みなさんプロフェッショナルだと思いました。

こんな人たちと一緒に仕事をしたい。

その一方で、こんなすごい人たちとじぶんはちゃんと仕事ができるのか。

いろんな気持ちがじぶんの中に渦巻きました。

 

それにしても、人の話を聞くって大変ですね。

これほどまでにエネルギーがいるのだとあらためて感じました。

もちろん話をしてくださった方々が全力だからこそだと思うのですが、

受け止めるのにけっこう必死でした。

しかしながら、ぼくが聞かせてもらったなかで、

いったいどれだけの時間、どれだけの内容を、

ちゃんと聞くことができていたのか。

これはもうホントにあやしいもので、

マントゥーマンにもかかわらず、

文脈に関係ないところへぼくの意識がいってしまっていたり、

厳しい眠気が次から次へと襲い掛かってきたりと、

同じ状態で、同じ意識で、人の話を聞き続けることのむつかしさを、

毎回感じた次第であります。

 

人と会って、話を聞いたり、話をしたり。

この社会で生きていくのなら、

じぶん以外のだれかと必ず関わり合うことになります。

めんどうくさいし、つかれるし、やっかいだし、うまくいかない。

そんなふうに、関わりの中には苦しいことがたくさんある、とぼくは思う。

だけれど、きっとそれだけじゃない。

それだけじゃないと勝手に信じる希望のようなものが、

またじぶんを動かしてくれるエネルギーになると思うのです。