今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

なんにしろ

今週も平日が終わり、

気がつけばぼくは、久々にすべての平日ではたらいていた。

このことがすごい自信につながる、と思っているわけじゃない。

このことをそんなの当たり前だろ、と思っているわけでもない。

ぼくの感覚は、ぼくだけのものなんだと、ここのところ感じる。

だれかが感じていることを、ぼくは正確に感じることはできない。

その代わりというわけではないけれど、

ぼくの感じているものすべてを、だれかに感じさせることもできない。

ぼくが感じるものは、ぼくだけが感じられるのである。

 

この1週間で新しいものにたくさん触れることができた。

そのおかげで、ぼくはいろいろなことを感じさせてもらった。

ぼくの頭の貯蔵庫を、部屋の本棚に例えるなら、

とりあえずたくさん本はもらってきたけれど、

なんの本なのか、どんなときに役立つのかなど、

わからないことや知らないことがけっこうあるのだ。

だから、そういうのを一つひとつ確認して、整頓しなければと思う。

明日も仕事のため、あさっての休みの日あたりにぜひ。

 

知識や経験がないのなら、動きのスピードと動きの量だ。

ぼくよりくわしい人、ぼくよりできる人と比べれば、

きっとぼくはひとつの答えにたどり着くまでに時間がかかるだろう。

ぼくにできることは、まじめに考えて、動き続けることだ。

そのスピードを上げ、量を増やすしかない。

そんなことを、さきほど便所で考えていた。

なんにしろ、コツコツなのだ、じぶんよ。