今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

公私混同

初めてというのは、わくわくすることもある。

本日は、テレビ番組の撮影ということで、

あたくし初参戦してまいりました。

立ち位置としては、ADみたいな役回りでして、

なぜかママチャリをこいでいました。

就職したにもかかわらず、無職のときと変わらず、

ママチャリをこぐことになるとはね。

しかし、ママチャリと言っても噂には聞いたことのあった、

電動アシスト付きのものでした。

そのアシスト感たるや、ものすごい力強さと心強さで、

「もう好きにして」と思うほど強力にアシストしてくれました。

 

そんな初めての体験が他にもありまして、

今回は生で「ドローン」や「GOPro」の撮影を見学しました。

ドローンは、プロのカメラマンの方が、

空から俯瞰した景色をアプリで連動させたスマホを見ながら操作されていて、

気持ちよさそうで、おもしろそうで、大変そうでした。

いつか操縦をやってみたく思います。

「GOPro」も名前は聞いたことはあったのですが、

本物を見たことがありませんでした。

実際いろいろな使い方ができるおもしろいカメラで、

頭につけたり、ママチャリにつけたりできちゃいます。

そのため、いわゆる普通のカメラでは表現が届かない臨場感やリアリティを、

感じさせてくれるものだと思いました。

 

そんなわけで、朝にしっかり雨が降り、

昼からはとにかく晴れ渡るというごきげんな天気の中、

いい経験をさせてもらいました。

番組をつくるって、本当にすごい。

それを肌で感じることができて、とてもおもしろかったなぁ。

とはいっても、ぼくは何をしたわけでもなく、

ママチャリをこいで、しっかり日焼けをしただけであります。

これを仕事ということもできるけれど、いい切ることはできない。

でも、完全に遊びというわけでもないのだろうな。

仕事と遊びの間にあって、その両方を行き来するような感覚がたしかにあります。

「公私混同」ということばが疎まれる時代ですが、

いい意味で、前向きな意図で、ぼくはそういうはたらきかたを、

目指しているし、求めているんだろうなぁと思います。

そんなふざけたことを考えながら、しばらくやってみますぞ。

それにしても、太陽を1日浴びていると、

人はたいへん眠たくなります。