今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

できることで

本日6月30日が、今年の折り返しの日だそうです。

ついこの前に、大晦日だ、正月だとやっていたのに、

気がつけばもう半分も終わっていました。

「今日を大切にする」ってことをいろんなところで見聞きしますが、

なかなか毎日できることじゃないと思うじぶんがいます。

つまり、大切にできなかったなぁと1日の終わりに感じる日もあるんですよね。

だったら、「明日は今日より大切にしたい」なんて、

悠長なことを思うのですが、その明日がいつまでやってくるかは、

ぼくにもだれにもわからないことなのであります。

 

すばらしい才能に溢れている人が若くして亡くなったり、

まだ小さい子どもが病気で亡くなったりすることが、

現代の日本でも当たり前のように起こりえます。

その人たちはじぶんの命が残りわずかだとわかっていても、

多くの人が最後の瞬間まで懸命に生きようとします。

そんな姿を目の当たりにして、日々の暮らしを省みるじぶんがいます。

もっとできることがあるんじゃないか。

もっとがんばれるんじゃないか。

ただその瞬間は熱いものがこみ上げるのですが、

気持ちが持続することはありません。

でも、だれでもいつかは死と向き合わなければならないときがきます。

それは同時に、生を見つめ直すときでもあると思うのです。

 

じぶんにできることは限られている。

だけれど、生きていれば、できることはある。

なにもできない日でも、気持ちが入らない日でも、

そういう日なりに、できることはある。

じぶんにできることを、生きている今日にどれだけ注げるか。

できることで今日を満たしてやろう。

できることでじぶんを満たしてやろう。

ぼくが考える「今日を大切にすること」ってのは、

そういうことだと思っています。