今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

自由

買うことで満足してしまうことってあるなぁと思う。

ぼくはよく本屋に行っては、本をたくさん買って、

まだ読まぬ本たちで本棚を埋めてしまっていたタチだ。

本屋はおもしろい。

行けばいろいろな本と出会える。

「はじめまして」のあいさつがわりに、

ペラペラとページをめくる。

「これはおもしろそうだ」、

「これは今のじぶんにとって必要だ」などと、

勝手にじぶんに言い聞かせて、

とりあえず買おうとしてしまう。

そんなことで読まない本は、整然と並んでゆく。

そうして本棚におさまれば、

なぜか満足してしまっているじぶんがいるのだ。

 

今も本屋に行けばいろいろな本と出会うけれど、

「今は買う必要なし」と、

じぶんでじぶんを律することができるようになった。

この歳でようやくかい、と言われれば、

まったくそのとおりなのだけれど、

それほど以前のぼくは所有欲の言いなりだった。

 

本に限らず、買いたいと思うものはだいたい、

多少なりとも事前に調べてから、買うかどうかの判断をしている。

その一方で、衝動買いみたいなことも、もちろんある。

必要なものは以外とすくない。

それでも、無駄のおもしろさに救われることって、

けっこうあるんじゃないかな。

必要だけじゃなく、無駄ばかりじゃなく、

いったりきたりする自由って、ぼくは好きです。