今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

『MOTHER』

ここのところ久々にゲームをやっています。

東京に住むともだちに、

ゲームボーイアドバンスSPを送ってもらい、

『MOTHER』を楽しんでいます。

『MOTHER』とは、ほぼ日の糸井さんが、

物語の作り手としてがっつり関わったゲームソフトです。

このソフトは1989年に発売されたもので、

30年近く経った今でも、知る人ぞ知る名作として語り継がれています。

 

糸井さんと昨年亡くなられた任天堂の岩田社長は、

長いあいだ、いろいろな仕事をされてきました。

お二人が対談されたほぼ日の記事も最近読みました。

はたらく上で、互いに大切にしたいことを語られていて、

大変おもしろく読ませていただきました。

そんなお二人が一緒に仕事をした中の一つが、

『MOTHER』をつくるお仕事でした。

発売当時は4歳だったぼくとしては、

どんな作品かやっぱり気になっちゃいまして、

現在に至るわけであります。

 

ふと、あとに残る仕事っていいなぁと思いました。

そのときの人だけでなく、

次の人も、そのまた次の人も味わえるというかね。

残らない仕事も、それはそれでいいなぁとも思います。

そのときにしか味わえないよさ、というかね。

なんにせよ、

はじめて「学ぶ姿勢」で、ゲームをしております。

もちろんたのしむ気持ちも一緒にね。