今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

洋食屋のおきて

おいしい洋食屋は、

カニクリームコロッケで勝負している。

そんな確信がぼくにはあります。

というのも、

おいしそうな雰囲気といつもにぎわう人気をあわせ持ち、

もちろん料理がおいしいとなると、

大垣の街ではずいぶん限られてくると思われます。

ぼくの知る限り、その限られたお店すべて、

カニクリームコロッケを出しているんですよね。

 

洋食屋というのはそういうものなのか、

というのは一つの疑問としてあります。

「おいしいカニクリームコロッケ作れたら、お前も一人前だ」なんて、

師匠から言われ、何度も試行錯誤しながら作り続けた結果、

ついに「おいしい」と言ってもらえるものが作れるようになった。

そういう経緯を経たご主人がいる洋食屋は、

なにを作らせてもおいしい、とかね。

「外はカリッ、中はとろっ、ができるようになったら独立すべし」とかね。

洋食界のおきてや習わしは一つもわかりませんが、

メニューにカニクリームコロッケとあると、

それだけで勝手に頼もしい気がしちゃいます。

 

なんにせよ、そうして積み重ねてきた経験が、

今のおいしさをつくっているのだと思うと、

とてもおもしろいなぁと思うんですね。

今日やっていることが、

ゆくゆくは未来のだれかの喜びにつながっているかも、

しれないんですもんねー。

そんなことをいつも想像することはできないかも、

ですが、どこかでつながっているというのは、

決して大げさなはなしではないと思うのです。

 

おいしいカニクリームコロッケを食べたので、

今日はその流れで、こういうおはなしでした。