今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

負けたくないなら

最近、負けたことはありますか。

ぼくはね、あるんです。

しっかり負けました。

友達と50メートル走を勝負して、

ちゃんと負けました。

いろいろしたい言い訳も持ち合わせてはいるのですが、

ここではやめておきます。

そんな都合はどうあれ、ぼくは負けた。

それはとっても悔しいことでして、

予想以上にじぶんを奮い立たせてくれたんです。

 

というのも、負けた翌日から、

筋トレとランニングを続けているんですよね。

続けていると言ってもまだ4日ほどだけれど。

悔しいと思う気持ちが久しぶりで、

なつかしく感じるじぶんがいます。

そうなんですよね。

大人になると、なかなか負けることが、

少なくなるんじゃないかなと思ったんです。

というか、そもそも勝負すること自体、

少なくなるんですよね。

そんなことから、

スポーツ選手ってすごいなぁと思ったりしてね。

 

走る前は「勝負したくねーな」という気持ちだったんです。

なんでかなと考えてみると、

「負けたくない」という気持ちがあったんですよね。

つまり、勝負しなければ、負けることもない。

勝負から逃げ続ければ、一生負けずに済むわけです。

もちろん、勝つこともないんですけどね。

 

ぼくがちゃんと何かを始めようとするとき、

いつも悔しい気持ちだったことを、

今回負けたことで思い出したんです。

今回のぼくの場合は特に準備もしてなくて、

それでも悔しいと思うじぶんがいたんですよね。

必死にがんばってもダメなことはいくらでもあるのに、

がんばってすらいないじぶんが悔しい。

 

「負けたくない」なら、選択肢は二つだと思います。

勝負から一生逃げ続けるか、

負けないために今日できることをするか。

それでも勝負には負けるかもしれないし、

そんな気持ちがいつまで続くかもわかりません。

だけど、じぶんを変化させるには今日を変えてゆくしかない。

そういう気持ちを抱えているのもじぶん、

のんびりゆるゆるな気持ちがあるのもじぶん。

互い違いな気持ちが同じじぶんにあることを、

ただただおもしろく感じます。