今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

ちょい寝

無事、岐阜に帰ってまいりました。

昨夜のフェリーでの話、

ちゃんと寝ようとする前に本を読んでいたら、

気がつけば30分ほど眠っていました。

そこから今一度、眠りにつこうと寝支度を整えて、

寝ようとしたのだけれど、なかなか寝付けない。

消灯の時間になり、

あちこちから寝息やいびきが聞こえてくるのだけれど、

どれだけ目をつむっていても眠れない。

こんなことがときどきあるんですけれど、

原因は、ちゃんと寝る「本寝」の前に、

少し寝る「ちょい寝」をしてしまったことだと思うのです。

人は起きている間に、

「眠気のかけら」みたいなものを体にためていて、

それが一定量に達してくると眠たくなるのだと、

あたくし考えております。

たとえば、お昼寝と称されるような「ちょい寝」をすると、

うまく「眠気のかけら」を手放すことができて、

午後からの活動が円滑にすすめられる、なんて話もございます。

しかし、今回のぼくのように、

「本寝」の直前に「ちょい寝」をしてしまうと、

肝心の「本寝」では、うんともすんとも眠れない事態になるわけです。

 

そんなわけで、

目をつむり、ひたすら心を静めようとするわけですが、

こういうときになぜか脳が活発に動き出し、

ふだん考えないことを考え始めたりするんですよね。

かと思えば、となりのマダムが、

韓流ドラマかなんかをスマホで(しかも音ありで)見始める始末でして、

眠りをさえぎる障壁がいくつも現れる状態のなか、しばらく揺られておりました。

ま、気がつけば朝だったのですが、

「ちょい寝」のタイミングには気をつけようと、

あらためて思った次第です。

 

そんな話はおいといて、

今回のフェリー、土曜発ということもあり、

やたらに人が乗ってると思ったのですが、

それもそのはず、神戸は神戸祭りでした。

そして神戸から電車で帰ってきた我が地元・大垣は大垣祭り。

祭りのシーズンということで、

各地でにぎわいをみせている日曜日であります。