今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

つながり

家族や友達からの連絡ではじめて地震があったことを知った。

香川県の宇多津にいたぼくには熊本の地震は感じられなかった。

今なおたくさんの方々が避難して、

たくさんの方々が救助や支援をされていると思う。

今のぼくには正直できることがほとんどないことが心苦しいけれど、

ぼくはぼくを精一杯生きるしかない。

時間の経過とともに、必要なことや必要なものが変わってくるから、

それに応じてまたそのときじぶんにできることを見つけていく。

そのためには情報収集と考えることをつづける必要がある。

何もできないけれど、ゼロじゃない。

今できることをしていこうと思う。

 

といっても地震があった九州にぼくは近づきつつある。

ぼくはとりわけなんの心配もしていないのだけれど、

家族や友達から心配の連絡がくる。

それはありがたいことだと思う。

ぼくも熊本に知り合いがいるし、

この旅でお世話になった方々がいる。

それはぼくにとってはとても大きな縁で、

それらのつながりがあるから心配だし、気になる。

つながりは人を不安にさせたり、心配させたりする。

その一方で人を勇気付けたり、支えたりする。

つながりが大切なんじゃなくて、

つながりをどう生かすかや、

つながりの先にあるものをちゃんと感じることのほうが、

より大切なことだと今は思う。