今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

クレイジージャーニー

最近撮りためているテレビ番組の一つ、

『クレイジージャーニー』がおもしろい。

世界中でクレイジーな旅をしている人たちに焦点をあてて、

その様子を一緒に見ちゃうという内容なのだが、

まぁわくわくさせてくれる。

先週の放送は八幡暁さんの特集だった。

シーカヤックに乗りオーストラリアから日本までの多島海域を舞台に、

手漕ぎで人力航海している人である。

「海の中は食いもんだらけ。水中で見える魚を全種類食べたい」と、

お腹がすいたらモリを片手に素潜りで魚を仕留め、食べる。

嵐のときは手漕ぎで52時間こぎ続けていたそうだ。

そんなことがあっても、「そういうもんなんで」と一言。

 

すべてを受け止めようとする覚悟があるから、

どんな困難な状況も楽しめる。

好きだから、楽しいからやっているということが、

一つひとつの言葉や表情から自然に伝わってくる。

ぼくの旅はクレイジーなわけじゃないけれど、

出発する前に、こんなふうに楽しんで生きる人を知れてよかった。

 

知らないことを知ることは楽しい。

旅はもっともその機会に溢れている最高の時間だと思う。

 ぼくが知らないだけで、世界中のいたるところで、

じぶんの旅を楽しんでいる人たちがいるんだろうな。

今目の前に見える景色は、

それまでじぶんが選び続けてきた結果だからこそ、

そこで感じられる「楽しい」は余すことなく感じたいと思う。

楽しむことを真ん中に明日からの旅を始めたい。