今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

終わるまで

今月末で今働かせてもらっている職場の仕事を終える予定だ。

というわけで、残すところ1ヶ月を切った。

働き始めた10月からあっという間に半年が経とうとしている。

はじめから、半年だけ働かせてもらおうと思っていた。

だけれど、これほどまでにやさしい方々と、

仲良く働かせていただくとは思っていなかったので、

すでに別れをつらく感じるじぶんがいる。

 

気がつけば、ずいぶん多くの出会いと別れを経験する人生を選んでいる。

そうしたくてしているのかを考えてみると、

そうだと言える部分もあるし、

流れでこうなっているなと思うところもある。

どちらにせよ、

じぶんで選んだ道であることは間違いない。

 

そうして、会おうと思って会いに行かねば会うことのない人とのつながりが、

ぼくには多くある。

人と出会えたことが、ぼくという人間を作ってくれた気がする。

そして別れたこともまた、今のぼくを作っている気がする。

人との出会いと別れにより、ぼくは育っている。

今も、ぼくの中の何かがすくすくと育っている。

それは、ぼくが終わるまで続いてゆく。

たのしいことやうれしいことだけじゃない。

さみしいとか、つらいとか、くやしいとか、苦しいとか、

幾多の感情は生きているからこそ味わえる。

そして、ぼく以外の人と一緒にいるからこそ、

感じることができると思うのだ。