今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

受けとるじぶん

今日のワイドナショーで言っていた武田鉄矢さんの言葉を今思い出した。

「人は教えようとしたときに間違う」

なるほどと思った。

何かを言葉にしていくことと同時に、

何かを失っていくような感覚になることがある。

伝えたい胸の内と、口から出てきた言葉は必ずしも一致するわけじゃない。

伝えたいことが言葉だけで伝えられることとは限らない。

だから、伝えた気になったり、ましてや教えた気になったりしているとき、

ぼくは何か大事なものから離れていく気がすることがある。

武田さんの言葉はその感覚に似ているのかもと思った。

 

ぼくは、「知りたい」という好奇心をもつ人間のひとりだ。

だから知ることで満たされるものがある。

知ることによって、同時にだれかに話したくもなる。

でも、人が知らないことを知っているからといって、

教えてやろうなんてえらそうには思わないほうがいいのかもしれない。

相手がじぶんと同じように、

そのことを「知りたい」と望んでいるとは限らない。

「やり方」というものひとつとっても、

じぶんのやり方が万人に合うとは限らない。

あくまで、ひとつの意見に過ぎないのだ。

教えてやろうじゃなくて、

たとえ知っていたとしても、分かりきっていることであっても、

じぶんが伝えているときであっても、教えているときであっても、

「教えてもらおう」という受けとるじぶんでいられたらいい。

じぶんが伝えているようで、相手から何かを受けとっている。

そのことを忘れないほうがいい。

どこへ行っても、何をしようと、関わる相手は人だから、

じぶんへの戒めとしてちゃんと胸に刻んでおくことにする。