今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

じぶんは全開

今日の仕事はよく体を動かした。

よりによって筋トレをした翌日に、

重いものを運ぶ仕事で、

とりわけ寒く感じる今日に、

外仕事がやってきたのだった。

「いや、マジでさみいよ」と、

心のなかで何度もつぶやいた。

 

しかしながら、普段は屋内での作業が多いため、

こうして外で体を動かせることは楽しかった。

いい気分転換になり、充実した1日だった。

なかでも一緒に作業した方とたくさんしゃべって、

たくさん笑えたことがよかった気がする。

話したり、笑ったりすることが仕事のなかであることは、

ぼくにとってうれしいことだ。

黙々と作業することももちろん悪くないけれど、

会話があるということは、それだけでいろいろなものを円滑にする。

 

 

人と接するとき、まずはじぶんからオープンマインドしてゆく。

「オープンマインド」という言葉を初めて使ってみたけど、

「心の扉全開!」ということだ。

相手が目上の方だろうが、歳下だろうが、

じぶんから質問したり、相手の話をちゃんと聞いたり、

その人と仲良くしたいという想いで接する。

それに対する相手の言葉や考え、反応などを感じて、

じぶんも応えてゆく。

ということが実践できてるかは正直わからないけれど、

仲良くしたいという想いを大事にしていることはたしか。

 

そんなわけで、

ぼくも相手も人には変わりないので、

いろいろな動きで気持ちが伝わる瞬間ってあるよなと思う。

相手が話したくない気分のときだったら、

そういうのってなんとなくわかるもんね。

もちろんわからないときもあるから、

思い切って話しかけちゃう。

そうすると、おもいしろいように会話が展開していくときがある。

はじめの一歩をどちらが出すかだけだったんだな、と思えるときがある。

だからこそ会話も大事、沈黙も大事だと思えるんだ。

まずは「じぶんは全開」という態勢をつくっておくことが、

確実に今のぼくをつくっている。