今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

本日、今年初めて大垣で雪を観測しました。

風は冷たく、雪がもうもうと降っていて、

どうやら今夜は積もりそうです。

となると、明日の朝の道路や交通機関は、

かなり大変だろうと思われます。

とすると明日は早く起きないといけない。

だったら、今日は早く寝よう。

そして明日早く起きて雪かきをしてみよう。

雪が降る朝はいつも父親が、家の前の雪をどかすのですが、

ぼくもそれに加わって積極的な雪かきをしてやろうと思います。

 

そんなことを考えていたら、

子供のころ雪が降るなかいろんな遊びをしたことを思い出してきました。

定番のかまくらや雪合戦をしたり、

近所の人の車に積もった雪をどかしたり(子どもなりの地域貢献)。

なにもなくとも友達がいて雪があれば、

遊びになってしまう子どもの自由さは、今考えてもすごいなぁと思います。

雪がふることが自然なら、

その雪で遊ぶのも子どもにとっては自然なのかもしれません。

そして雪が降ったら「遊ぼう」とときどき誘ってくるぼくの体や心は、

子どもの感覚のままなんだと思います。

そんなふうに、同じ雪でも見方ひとつで、

受け止め方はころころ変わるんですよねー。

 

大人のじぶんや子どものじぶん、

それからそれから。

とりあえず明日は老若男女ご安全に。

また明日。