今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

おもしろさに向かえ。

動くことで見えることがある。

動く前に何が見えるかがわからないからこそ、

おもしろさがある。

思い描くおもしろさと、経験してみて出会うおもしろさ。

それらが人を豊かにしたりするのかも。

そんなふうに考えてみると、

前向きに動くことはおもしろさに向かっているとも言えます。

ぼくも動いてみようというわけで、

明日は初めて「転職フェア」というものに行こうと思っております。

完全なノープランではありますがとりあえず行ってみようと思ったのでした。

 

ま、そんな理由だけではないのが本当のところでして、

「現実が正解」という言葉。

これは先日のブログで触れたテレビドラマ「赤とんぼ」の中で登場した、

落語家・立川談志さんの言葉です。

どれだけ他人や世間のせいにしても、

今の現実こそが正解なのだと。

「だからこそ、今のじぶんの現実を冷静に受け止めて、

じぶんなりに分析して、そこから何ができるかを考え行動する。

それができないやつを『バカ』という。」

この話を聞いたときに、

ぼくはたいてい「バカ」として今日まで生きてきたな、

と思いました。

じぶんを客観的に分析するなんてことをやった覚えがないんですね。

なのでここは一つ、バカの脱出をはかりたいと思うわけです。

 

そう考えると、初めてやることというのは楽しみになってきます。

どんな人たちと会えるのか。

どんな感情を抱くのか。

それらの経験をさせてもらいに久々の名古屋へ行ってまいります。

 

それにしても大垣もずいぶん寒くなってまいりました。

とりあえず健康第一で。

また明日。