今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

やり方

今年はどういう一年だったか。

そういう整理をそろそろしてもいいんじゃないか、

なんてことはまったく思わないけれど、

こうして何かを書く場があるのだから、とりあえず考えてみる。

とにかくいろんなことを感じさせてもらったという、

なんともざっくばらんなことが思い浮かんだ。

いろんなことといっても、

そんなにたくさんあるわけじゃない。

しいて何かを挙げるなら、

同じようなことを少し違った角度からあらためて感じたということだ。

いつか学んだはずなのに、

別の経験をとおしてまた学び直す。

もう分かっていると思っていたけれど、

はじめましてのごとくまた知る。

そんなことを新しいできごとの合間に繰り返してきた気がする。

 

なんにせよ、今の経験がいつか次につながるとじぶんで思っていたとしても、

そのやってくる次というのは結局今として向き合うことになる。

だから、次を動かそうにも、過去を生かそうにも、今しかない。

昨日までのじぶんが、やりきったと思う自己満足も、

できなかったことへのくやしさも、

すべてひっくるめて今立っているじぶんが動くしかない。

 

そのときに、大切なのが「やり方」だと思うのだ。

やり方がわかれば、おもしろくなる。

やり方がわかれば、誰かに伝えたくなる。

じぶん以外に喜ばせたい人がいるなら、

まずは知ることが大切だ。

それらすべてやり方を学ぶための勉強だと思う。

 

はじめましてでも、あらためましてでも、

日々の知る機会を幸運な学びの瞬間だと思って、

繰り返し何度も学ぶ姿勢を大事にしていこう。

そんなことを今日は思います。

また明日。