今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

生まれたからには。

昨日の「やるからには。」で熱くなったあたくしですが、

今日は「生まれたからには。」と、いろいろぼんやり考えていました。

生きてる人、死んでいった人、すべてにいえることだとはおもうのですが、

そのときその瞬間、流れていた時間があるわけで、

それは生まれたからこその賜物だといえます。

その時間で何をするかは、その人が決めればいいことだし、

決めなくてもいいことだと思います。

 

ただ、生きるためにはなんやかんやが必ずある。

大人でも子どもでも、

生きていくためにはその時々で、なんじゃかんじゃと向き合うことになる。

いいことがあるからいい人生で、

悪いことがあるから悪い人生、なんて、

そんなに簡単なものなのか。

よくも悪くもいえない今日をそれでもなんとか越えてゆくところに、

その人の人生は色濃くあらわれるんじゃないか。

いつ死ぬかわからないけれど、

たのしいことがあれば笑って、かなしいことがあればときには泣いて、

そうやって人間のじぶんを生きている。

わからないことだらけの中を、

一握りのわかることを手にして、

だれもが懸命に、だれもががんばっている。

 

使命とか役目とか、そういうことは知らないけれど、

生まれたからには、今日も生きようと思います。

できる限りのユーモアと一緒に。

また明日。