今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

パン

パンという食べものはいかがでしょうか。

ぼくは好きです、かなり。

子どものころはクリームパンが好きでした。

甘けりゃいい、みたいなところはたしかにありました。

 

ぼくが保育園に行ってたくらいのころ、

アンパンマンの「あんぱんがつくれるおもちゃ」というものがたしかあったのですが、

それがテレビのCMでよく流れていて、とても欲しかったんですね。

たぶん、そこそこの値段だったと覚えております。

 それで、朝起きると、

買い物から帰った母親が「アンパンマン買ってきたよー」と教えてくれる。

するとぼくは、

「え!あのあんぱんがつくれるおもちゃ買ってきてくれたんだ!」

と喜んで飛び起きるんです。

そして、テーブルに行くと、

微妙なアンパンマンの顔をしたあんぱんが置いてある。

この残念さといったらなくて、

「こんなのアンパンマンじゃない!」と言って毎回泣いてた気がします。

ま、アンパンマンなんですけど、

ぼくが欲しいアンパンマンではなかったというわけです。

母親も「アンパンマン買ってきたよ」じゃなく、

「あんぱん買ってきたよ」といってくれればよかったのにと、

今さらながら思うのです。

ただ、なぜにあそこまでそのおもちゃが欲しかったのか、

じぶんでもよくわかりません。

おもちゃでパンを作っても、

たぶんきっと、そんなにおいしくはないだろうしね。

でも子どもって、そういうよくわからないものに惹かれるんですよね。

そんな子どものよくわからない部分こそ、

その子のおもしろさだったりするもんね。

 

そんなぼくは今では「あんぱん」が、パンの中では好きです。

そしてハード系のそぼくな味のパンも同じくらい好きです。

カンパーニュとかバタールとかフランスパンとかいいですね。

あれをトーストしてバターつけて食べると、たいへんおいしいです。

以上、パンが好きだという話でした。

 

もちろん、ごはんも好きなんですけどね。

それではおやすみなさい。