今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

書くことでもないことを

・師走のごとく冬が慌ててやってきた感じが否めない昨今、

ぼくの通勤にもついにコートがお目見えしてまいりました。

コートの左ポケットに手をつっこむと、

そこにはいつぞやのボールペンがある。

ずっと探していて、どこへ行ってしまったのかと

遠い目をしていた冬から四季がひとまわりし、

再会を果たすことができたのでした。

 

あるべき場所というものがそれぞれあるらしく、

その場所を覚えていることもあれば、忘れてしまうこともある。

さらには、覚えていても元に戻すことが億劫になってしまうこともある。

 

それは、ものだけでなく「人」にもいえるんじゃないか。

などという強引な仮説を展開する気にはなれず、

ただただ今宵の寒さを噛みしめるばかりでございます。

 

・年末年始はどうするか、などということをこのごろ考えます。

といっても、恐らく地元に帰るし、

あとはどう帰るか、その準備に移行するだけなのですが、

今回は今までと少し心持ちが違います。

 

漠然とですが、誰かに何かを伝えようとしているじぶんがいます。

親だったり、友達だったり、知人だったり、

わからないのですが、伝えたいなぁと思うじぶんがおります。

それは「これから」の話の気もするし、

「今だけ」の話のような気もします。

でたらめな感じだけれど、とにかくいろんな人と会って、

話を聞いたり、話をしたりしたい。

そう思っているじぶんがおります。

 

わざわざ書くことでもないことを書く。

いつだってその姿勢は変わらず、

表現に意味なんていらないと思うときもあるのです。

もちろん肯定的な感情からきているのだけれど。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

このブログ、あと60日間は毎日続けます。