今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

言葉一つとっても

座右の銘だとか人生の言葉は何か」と聞かれたら、

なんて答えるだろうとちょいと考えてみた。

ほしたらこれがパッと出てこないんですな。

いいなと思う言葉と何度もであっているはずなのに、

心に留めている言葉って意外とないんだよね。

 

まったくないから残念なのかというと、

ぼくはそんなこともないと思っています。

というのも、

言葉というのは伝達の手段にしか過ぎないと

いう考えがぼくの中にあるからかなぁと思いました。

その言葉で救われる命だってある。

支えられる気持ちだってある。

その一方で、どれだけ言葉を並べてもむなしいことだってある。

そんなことを全部背負ったとこを始点に、

いつも言葉を始めようと思うのです。

 

だれが使うのか。

どのタイミングで使うのか。

何のために使うのか。

 

言葉一つとっても、届き方は千差万別ですよね。

だからこそ、じぶんが扱う言葉を、

言葉を使った表現を、いつもよく考えること、

感じることが大事だよとじぶん自身に言い聞かすじぶんがいます。

それによって、

傷つけることもできれば、救うこともできるから。

 

また、世の中にある問題というのは、

往々にして言葉から始まるものが多いと思う。

だからこそ、言葉でもってして解決できることは少なくないと思う。

もっといえば、

言葉と仲よくできる人は、どんな人とも仲良くなれるんじゃないかな。

 

ぐるっと一周まわって、いろんなものを見聞きして、

そこからじぶんの表現をはじめる。

そんなこころをしっかりと抱きしめて、

今日できる精一杯のものを出したいと思います。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

じぶんが使う言葉もじぶんをつくる一部だと思っとります。