今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

宮崎にて増嶋家集合。

というわけで、

両親が無事に宮崎へやってきました。

中部国際空港に3時間前に着いた両親は散々うろうろしたのち、

なんとか飛行機にのれたようで、

夕方には空港でご対面という運びでありました。

 

そして、のっけからシトシトと雨が降ってる宮崎でございます。

「名古屋出るときは快晴だったのに」

と何度も言うおかんでしたが、

会社の人、シェアハウスに住む人と出会うことで、

わたくしが素敵な人たちに囲まれていることを肌で感じたようで、

とてもうれしそうでした、おやじも。

 

両親がきて気づいたことがあるんです。

今回無意識のうちに両親側のじぶんとして、つまり、

いちお客さんとして、会社でみんなと談笑し、

シェアハウスでみんなと一緒に鍋をつついたんですね。

そしたら、なんて素敵な人たちと一緒におれは生きてるんだと

気づいちゃったんです。

こんな素敵な場所で素敵な人たちと一緒に働いて、

一緒にごはんを食べて、

おふろに入って寝て、

じぶんという人間がどれだけ与えられているか、

初めて気づかされたのでした。

 

そして、今を噛みしめたい。

そんなことを強烈に思ったのです。

過去のことはよく覚えてるだれかに聞いてもらって、

この先のことは先のことを憂うのが好きな人に聞いてもらって、

じぶんがやるべきことは、そして、やりたいことは、

今を噛みしめることだと思ったのでした。

噛みしめたときにあふれるものをしっかり味わいたい。

それなしに、

先へ行くことも後ろを振り返ることも、

もったいないよなぁと思ったのでした。

 

そして、

誰と比べるわけでなく、

じぶんを高く見積もるわけでなく、

周りにこれだけ素敵な人たちに囲まれているのなら、

俺の人生まちがってないぜと、

こころの中でじぶんに言い聞かせていたのでした。

そんなことに今ごろ気づくなんてホントに鈍感なんだから、

と思うわたしと、

今日気づけてよかったと思えるわたしと、

どちらも嫌いじゃないわたし。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

出会えてよかった、そう思える人たちばかりに囲まれる幸せなわたし。