今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

まず受け止める

何を言うかでなく、

誰が言うかで伝わり方は変わる。

そんな話を何度か聞いたことがあるし、

ぼく自身もそう思っているところがある。

 

たとえば、2人の人がおんなじこと言ったとしても、

きっと伝わり方は変わってくる。

その人に対する信頼や興味、話し方などの伝えた内容以外の部分で、

どれくらいの好奇心を注ぐのかが変わってきてしまうものだと思う。

 

それは、話す人がこれまでやってきた経験や

これまで与えてきた影響にもよる。

話し手と聞き手の関係性で言葉の響きが違ってくるのだ。

誰でも彼でもいいことを言えばいいってもんじゃない。

やっている人間、動いている人間、

作っている人間、始めている人間が話す言葉は説得力がある。

 

だからこそ、じぶんが聞く立場のときは、

誰でも彼でもまずは受け止める姿勢でいたいと思う。

相手がどんな肩書きだろうと、どんな伝え方だろうと、

正面から向き合う意識で受け止める広さを持っていたい。

 

できなくなるときもそりゃもちろんあるけれど、

誰が相手でも目の前の人に全力を注げる人でありたいし、

そんな人をぼく自身尊敬するのだ。

そして、そんな人と出会えたとき、

ホントにうれしく思う。

 

じぶんを押し付けず、相手を受け止め、今を楽しむ。

これからのじぶんもそんな人物として生きていきたいと思いやす。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

ぼくにできる限り、大事にすることを大事にしたい。