今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

たのしければすべてついてくる

・久々に髪を切りまして、頭が軽くなりました。

平日に髪を切りに行くなんて学生以来かというくらい

久しぶりだったのですが、仕事終わりでも営業しているお店に

行ってきました。

朝早くから夜の八時までやっているその美容室は

年中無休だと聞きました。

今はサラリーマンの身であり、

土日祝日休みのぼくからすると、

ホントにすごい仕事だよなぁと思います。

世の中にはいろんな人がいる。

いろんな人がいるからこそ、

この世界のバランスは保たれているのだとしみじみ思います。

 

 

斉藤一人さんという大商人がいらっしゃいます。

最近、一人さんのお話がまとめてある本を読んでいます。

その中で、

「どんな仕事でもおもしろく、楽しくしちゃう方法があるよ」

と一人さんは話しています。

それは何かというと、1つは、

「当たり前だけど、真剣にやることだよ」

これはとっても分かる気がします。

 

ほいで、もう1つの方法が、

「仕事をゲームにしちゃうんだよ。どうしたら楽しくなるかって常に考えるの」

これいいなぁと思ったのです。

 

「たのしい」ってことや「おもしろい」ってことは、

普段の生活において、結構ないがしろにされがちなものだと

ぼくは感じます。

そんなことより、目の前のことが大変だ。

生きてくために、稼がにゃならない、仕事をしなきゃならない。

のっぴきならない事情ってのが人それぞれあって、

それらに「たのしさ」やら「おもしろさ」はかき消されがちです。

 

そんなことを全部ひっくるめてなお、

たのしさやおもしろさがどんなときでも大事だとぼくは思う。

たのしければすべてついてくる、かどうかは知らんけど、

ぼくはそう信じたい。

もちろん、じぶんだけでそのたのしさやらおもしろさを

終わらせない工夫が大事だと思う。

そこで、ゲームだと捉えて頭や心を使っていくやわらかさが

試されるんだろうね。

 

「こんなところで?」というとこでこそ、

ゲーム性を発揮することはなかなか出せるもんじゃあないけれど、

だからこそ前を向きたい。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

この人生という名のゲームで遊んでいるのは他でもないわたす。