今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

納得する生き方

じぶんでつくれるものはいろいろとある。

その1つが限界だ。

ぼくらは限界をつくるために生まれてきたのかってくらい、

いともたやすくつくる能力を身につけてきた。

 

だれかに教えられたのか、じぶんで手に入れたのか、

はっきりとはわからないけれど、限界は簡単に生み出すことができる。

 

どんなことでもいい。

なにかそれなりの目標があったとき、

それに向かってとりあえず進むのだが、

往々にして簡単に達成できるもんじゃない。

きびしいときが必ずある。

もがいてももがいても這い上がれないときがどうしてもある。

そこであきらめることも1つの選択だと思う。

それが間違いかどうか、決め付ける人がいたとしても、

本当に間違いだとわかる人はどこにもいない。

 

でも、あきらめることを後悔することだけは

やっぱりしたくないなぁと思う。

たとえ何かをあきらめるとしても、自分なりに納得して、

次の選択に入っていきたい。

それは、難しいといってしまえば、むずかしいかもしれないけれど、

シンプルだと思えば、とってもシンプルだとぼくは思う。

 

そこで、限界の話が再びやってくる。

判断するのはだれでもない自分なのだ。

そのとき、じぶんの心がそれをやりたいのか、

そこにいきたいのか、その人をどう感じているのか、

その感覚を大事にすることは納得する生き方につながる気がするのだ。

何度も言っちゃうが、限界を決めることが悪いわけじゃない。

 大切なのは「だからこそ今がある」という

その瞬間の納得する選択が生む生き方なんだと思うのだ。

 

今日は人前で話す機会が2度もあったので、

じぶん自身を改めて知ることができました。

そこで得たものが自分の財産といえるように、

次に繋げて生きたいと思います。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

1人でも話を聞いてくれる人がいるなら喜んで話そう。