今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

目の前の1つ

休みの日だろうと、仕事の日だろうと、

関係ございません。

やりたいことをやるということ、

伝えたいことを伝えるということ、

大事なものを大事にするということ、

それがぼくの「生きる」だと思っています。

 

つまり、今という瞬間にどれだけ打ち込めるか、

どれだけ意識を注げるか、です。

そして、目の前で起こる出来事を判断しない。

ただ自然のこととして受け止める。

それがなかなかできないんですけどね。

 

たくさんのやること、やりたいことを抱えていたとしても、

今できることは1つしかない。

だからその瞬間、じぶんが選ぶ目の前の1つに

どれだけ想いを込められるか。

誰も見ていなくても、誰かに見られていても、

今じぶんにできることは1つ。

その1つを変えながら、抱えながら、

生きるなかで様々な出会いと別れを繰り返し、

いつかこの命の終わりを迎えるんですな。

 

そのとき、じぶんが何を残せるのかはたのしみでもあるし、

たとえ何も残せなかったとして、

「たのしかった!」と言えるじぶんでありたい。

 

 

・今日、「ほめない、しからない子育てがいい」というお話を聞きました。

「しからない」というのはまだ分かるのですが、

「ほめない」ってことがいい、というのはちょいと驚きました。

 

話を聞いてみると、実は「しかる」も「ほめる」も

感情としては第2感情だそうです。

つまり、その前に第1感情があるというわけです。

その第1感情を伝えることをアイ(I)メッセージと言うそうです。

そのアイメッセージを子どもに伝えてあげることを惜しまなければ、

しかったりほめたりせずとも子育てはできるということでした。

ありがとう、うれしい、さみしい、しあわせ、最高。

1番の気持ちを伝えてあげることが、

子どもにとっても1番なんですねー。

 

じぶんの想いを届けているか。

感謝の気持ちを伝えられているか。

2度と来ないこの瞬間を生きているか。

じぶんに問うて、初めて気付けることだってある。

動くことでじぶんへの問いになることもある。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

すべてがつながっていて、だからこその目の前の1つなんだよね。