今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

じぶんを生かすのはじぶん

今日1日何をしようか。

朝、出社したら、その日にやることを

ノートに書き出してみる。

そうすると、そのとおりにやろうと1日が始まる。

焦点が定まるという感じだ。

 

仕事も休みも関係なく、

今日1日何をしようかというのは、

つまるところ、じぶんの時間を何にどう使うかということだと思う。

生きてりゃ必ず時間がある。

それをやりたい放題に使えるか使えないかはおいといて、

生きてさえいれば、一分一秒という時間があるのだ。

それはどんな人でも同じであり、

その使い方にこそ違いがある。

 

「過ぎた時間は戻らない」だとか、

「時は金なり」だとか、

聞いたことがあるような言葉はちょいと横に置いてみる。

 

そして、じぶん自身に聞いてみる。

1人になって、声に出して聞いてみる。

「今日どう生きるか」

その問いへの答えが、今のあなたなのだ。

そして、それだけがじぶんをつくっていくのだと思う。

 

意味があるかどうかでなく、

ムダがあるかないかじゃない。

人はすべてに意味をつけることができる力を持っている。

それを「思い込み」とも言うし、

「かん違い」と言われたりもする。

でも、その力こそ、世の中をつくってきた力であり、

使いたい放題使うことができる力だと思うのだ。

 

もっと勘違いして生きよう。

思い込んで生きよう。

勘違いするところと、思い込むところを

察知する視野の広さや客観性を大事に、

じぶんの可能性を広げていくほうへもっと進んでいきたい。

そんなことを思うのだ。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

じぶんを生かすのはじぶんなのであります。