今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

ひとりの想いから。

気がつけば、ぼくより講演を聞いている20代は

いないんじゃないかと思いました。

それが仕事だからこそ、毎月何度も講演会に足を運んできました。

ほいで、たくさんの講演家さんのお話を聞いてきました。

 

でも、それがなんなんだろうと思うじぶんがいます。

それを聞いたぼくがどう感じたか。

そして、どうするか。

そこがなによりも大事にしなきゃならんとこなんですよね。

 

ぼくがこのみやざき中央新聞にやって来て、

1年半が経とうとしております。

予定では、あと半年でぼくは会社を辞めます。

この1年半、散々人の話を聞いてきたぼくは、

一体何か変わったのか。

前に進んだのか、成長したのか。

それについては、いつでもどこでもなんとでも言えます。

 

だから、これまでもですが、ここからも、

今、じぶんに何ができるかをちゃんとじぶんに問うて、

1日を生きていくことを大事にしようと思います。

その1つの目標として、

「今9000人の読者さんを1万人にするぞ!」

というリアルな目標を昨日くらいにじぶんに打ち立てました。

その目標達成のためにぼくにできることを考え、

たのしく前向きにやっていきます。

 

そして、仕事以外の時間の過ごし方を、

今まで以上に大切にしようと思っています。

シェアハウスである以上、

いろいろな人とのお付き合いはありますが、

じぶんがやりたいことを優先してやる。

その1つが、与えること、届けることですね。

じぶんがやっていることのその先に、

喜んでくれるだれかが想像できることに時間を割く。

それをぼくの仕事以外の自由な時間の

第一優先事項にしたいと考えています。

 

で、その1つが、このブログになるんですよね。

今までは、じぶんしか見えてないことが多かったです。

そこをこれからは、

その先にいる読んでくれてる方々のことをぼくなりに想像します。

そして、じぶんの想いと向き合って

できるかぎりの言葉で表現していこうと思います。

 

といっても、

たいしたことを書いているわけじゃないぜ、

ということも、ちゃんと自分に言い聞かせていくつもりです。

それでも読んでくれる人がいるということは

とてつもなくありがたいことだし、なによりうれしい。

 

ぼくの文章を読んでくれて、

何かを感じてくれて、そこから動きだすきっかけになったとしたら、

ぼくとしては最高だなぁと思っています。

それがぼくの理想とする「伝わる」です。

 

話を元に戻しまして、

どれだけたくさんの講演を聞いたところで、

ぼくが動かなければ世界は変わらない。

でも、

ぼくが動くことで、ぼくが変わることで、

世界は動き出し、変わっていく可能性が始まると思うのです。

 

世界を変えるためになんておおげさだし、

おこがましいけれど、

地球に生きるということは意外とおおげさなことなのかもしれないと

最近よく思います。

いろんな言葉や情報が飛び交う今だけれど、

どんなことでも始めの一歩はひとりの想いから始まると信じているわたし。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

伝えよう、届けようという姿勢だけはじぶんでつくれるんだよね。