今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

じぶんを認める。

人間だれしもダメなときがある。

そんなダメなときを自覚している人もいれば、

ダメだと認めたくない人もいると思います。

ぼくなんかは今まで、どちらかというと

認めたくない人のクラスでした。

 

弱さを見せることや元気のないじぶんを見せることが

苦手だったし、周りにも悪い気がしていました。

いつもどんよりしていたり、調子の波が激しかったりだと、

周りの人が影響を受けちゃうってことはなにかしらあるとは思います。

それを考え始めると、常に一定のじぶんでいなきゃならない

と頑なに思うときもありました。

 

しゃべらなかったら「元気がないね」と言われたり、

たくさんしゃべったら「今日はテンション高いね」と言われたりと

人それぞれ見方や考え方があるから、いろんな言葉が飛んできます。

ホントのじぶんというやつが一体どいつなのか。

じぶんのくせに、じぶんのことが分からなくなることもありました。

 

それらのことにたいして、今明確な答えがあるわけじゃない。

けれど、

今のじぶんの感情や気持ちがじぶんそのものだと思うからこそ、

まずはそのじぶんを受け止めることだと思っています。

「きつい」という気持ちをまず受け止める。

「つらい」という感情をまず受け止める。

そこから、じぶんがどうするか。

 

最近では、それらのネガティブな気持ちをしっかり味わうことは

大事なことだよなぁと感じています。

そこからまたゆっくりと始めていけばいいと思うのです。

 そして、ときどきはちょっと無理して元気なじぶんを表現するのも

ぼくはありかなって思っています。

 

感情を認めてあげることって、1つのじぶんを認めることなんですよね。

じぶんの気持ちを無視できるのも、ちゃんと受け止められるのも、

結局じぶんしかいないんだよね。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

今日はまた1つ、楽しんで前に進んだ気がします。