今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

解釈を生むものさし

10年前のぼくが、10年後である今日のぼくを

想像して生きていたかというと、そんなわけではありませんでした。

10年後を想像するということは簡単なことじゃないですね。

1時間後のぼくはというと、

きっとふとんに入って目を閉じていると思います。

それはしっかりわかります。

 

10年後、どんなじぶんでいたいか。

それを想像して、理想のじぶんを描いて、

そのために何ができるかを考え動いていく。

こうやって言葉にしてみると、

聴こえはいいし、その通りだと思うじぶんも確かにいます。

だけども、

描くことに対する問いも同時にあったりします。

 

10年前のぼくが今日のことを想像して生きてきたわけじゃないけれど、

ぼくは今、気候も人もあたたかい場所で、

ごきげんに生きることができている。

そのときそのときのじぶんの環境を受けとめて、

ときにじぶんで決断して、ここで生きているじぶんがいる。

決して今日を思い描いたわけでもなく、です。

 

未来を描くことを否定するわけじゃない。

描かないことを肯定するわけでもない。

 

ただぼくの性分として、真ん中を探したくなるところがあります。

あまのじゃくとも言えるのかもしれやせん。

「向こうがいいぞ」と聞いて飛びつくじぶんと、

ホントにいいのかな、と問うじぶんとをいつも共存させていたいんですよね。

なかなかむずかしいことではあるんですけれど、

だれよりもじぶんを信じることと同時に、

だれよりもじぶんに問うことも大事だといつも言い聞かせております。

 

世界中の人がみんな「いいね」と言ったとしても、

じぶんの違和感をもっと大事にしていかなきゃね。

解釈を生むそのものさしこそ、

ぼくがぼくであることの表現そのものだと思うのです。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

10年前のぼくも、ぼくなりに前を向いてたんだよなぁ。