今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

意味のないこと

意味のないことをやりたい。

別に普段意味のあることばかりをやっているわけじゃないんだけれど、

意識的に意味のないことをやりたいなと思い立ちました。

「これにはとても深い意味があるのだよ」と誰かが講釈を垂れても、

「なんもあらへん」と堂々と言っちゃえるじぶんで、

気持ちのいいからっぽなことをやりたいなぁと思うのです。

 

そこでぼくが1つ考えているのは、「大喜利」です。

その場で瞬間的に生み出すことのおもしろさは

同時にむつかしさもはらんでると思のですが、

「笑い」を真ん中において意識的にそんな場を作ってみたくなりました。

別に本格的なものじゃなくていいです。

お題に対して、それぞれが答えていく。

答える人を集めたり、問題の出し方や質など、

やるとなったらやることいろいろですけれど、

いつかやれるといいなぁと思ってます。

 

 

さてはて、

意味のあるなしをデンと机の上に出してみましたが、

そいつは結局誰が決めるんだいとなったらば、

もちろん人それぞれなんですよね。

捉え方次第、考え方次第というやつです。

ただ、ぼくに関して言いますと、

「意味なんていらない」というスタイルで向かっていくことを

最近は特に意識してなかったなぁと思ったんですね。

 

1つの基準として、

表現に説明が増えたとき、意味を帯び始める気もします。

話すことが説明臭くなってきたら気をつけろ、というやつです。

うまく話すことやうまく伝えることを考えて

こねくり回していくと、意外とからまっちまうのが表現なんですよね。

そんなときは、

何も考えずにバッサリぶった切ることも1つの選択だと思うのです。

それをみんなで楽しめるなら、言うことないよねー。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

震災から3年半の今日、意味のないことについて書いてみました。