今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

いなくなったあと。

・気がつけばこの夏は冷房のなかで寝た日がなかった気がします。

もともとそうやって寝ることは好きじゃないのですが、

今年ははっきりと冷房に頼らなかったと言えるじぶんがおります。

もちろん、日中は社内にいるため

冷房のお世話になっているんですけれど、

寒さか暑さかといったら、

暑いほうがまだ耐えられる体のような気がしています。

 

汗をかくってホントに大事なことだと、

汗をかく機会がなくなって思います。

運動して汗をかいていたころにはそんなことは考えもしなかった。

無くしてからわかることって人間ホント多いんですよね。

 

 

・最近、宮崎からいなくなったあとのじぶんが、

今の日常を思い出して、いい時間を過ごさせてもらったと

振り返っている妄想をよく描きます。

なんかそういうシチュエーションに頭の中がなるんですよね。

そんな日がやってくるのかどうかは、

ぼく自身わからない。

けれど、1つだけわかるのは、

今というこのときが、かけがえのない瞬間だということです。

じぶんが生きているということが、

うれしくてたのしくて、尊いと思える。

だからこそ、きっとぼくにできることがある。

そんなふうに感じられるじぶんならば、

これからもきっと何が会ってもたのしめる、そんな気がするのです。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

眠いときは、だいたいこんな感じのお話になります。