今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

恐れに目を向ける。

言葉が多すぎる、ということがあります。

たとえば、

会話の中で、じぶんの中にあることを伝えるために

いろいろな言葉を出して出して伝えようとする。

相手の受け取り方、表情、しぐさを見ながら、

まだ足りてないかな、届いてないのかなと次々に言葉を足していく。

そうやって自分の届けたいに意識を向けていく。

 

気がつくと、

相手の中にぼくの言葉が溢れてしまっているんじゃないかと

思うときがあるのです。

ぼくも相手も言葉におぼれてしまうというか、

「届けたい」がどこかで「届けなきゃいけない」に

変わってしまう瞬間があるようです。

 

もっと簡潔に届けられることもあると思う。

だけど、届かないこと伝わらないことが恐くて、

言葉をつぎ込んでしまう。

 

うちに来た旅人と話していて、

言いたいことを言っているじぶんを振り返っておりました。

届かないや伝わらないことの恐れを越えていける表現をしていきたいなぁ。

 

今日はこの前の結婚式の打ち上げということで、宴です。

 みんなと写真を見ながら余韻に浸りたいと思います。

 

今日お越しいただいてありがとうございます。

過去を振り返ることも、ときにはいいよねー。