今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

ぼくだけのもの

今日まで生きてきたじぶんには何があるのかと、

ときどきふと思うのです。

いざ1つのことに打ち込む人や、

頭の中が図書館みたいな人に出会うと、

やっぱりすごいなぁと思います。

こりゃどうしたもんかと。

何を武器に向き合おうかと考えるじぶんもいます。

気がつけば、浅瀬で水浴びしてきたぼくにとって、

何があるのかと問われたときに思い切って言えるものがあるのかないのか。

 

今、思うのは、これと言えるものがあるかどうか、

でなく、これと言っちゃう勇気がじぶんにあるかどうか、

ってことです。

もちろん、自他ともに認めるものがある人は強いと思うのだけれど、

これだと言える勇気って、人としてまた違う強さがあると感じます。

そして、「私には何もないぜ」と堂々と言っちゃえるのもまた、

強さだと思うんだよなぁ。

 

ま、「ない」とか「ある」で考え出すとね、

わかっちゃいるけどキリが「ない」。

わお!

「ない」はいたるところに「ある」のですね。

 

それらひっくるめて、

もっと目に見えないものに意識を注ぐことって

大事だよなぁと思っています。

目に見えないけどたしかに伝わるじぶんだけのもの。

そんなぼくのエネルギーみたいなもんを

そっくりそのまま、まるっとぶつけられるような、

そして届けられるような表現にこれからは挑戦していきたいねー。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

ぼくが感じているものは、まずはぼくだけのもの。