今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

両方大事

「両方大事」という考えがあるとする。

その1つに、

「忘れることも大事、思い出すことも大事」というものを、

最近はよく考える。

 

ぼくら人間ってのはよく忘れる生き物だ。

ぼくだって、いやぼくだからこそ、

持ち物や日程、人の名前、漢字など、

忘れることがホントに多い。

歳を重ねていくほどに人は忘れっぽくなるという話を聞くと、

なんだか怖くもなる。

忘れることはよくないと散々耳にしてきたし、

じぶん自身そう思っていたけれど、

忘れることで救われることは意外と多いと思う。

 

例えば、

ごはんがおいしいと感じる瞬間に、

過去のできごとを忘れずにいると、

そのおいしさをまるごと感じることは決してできない。

つまり、今この瞬間を味わうためには、

忘れるということは必要不可欠なのだと思う。

さもなければ、

今を生きることなど到底できないからだ。

 

その一方で、思い出すことも大事だと僕は思っている。

それは何を思い出すかにもよるのだけれど、

思い出してみて、もう一度感じる、考えるってことが

実はとっても大事な気がしている。

じぶんが見たこと、聞いたこと、話したこと、

それらの経験をじぶんの中で見つめ直すことで、

今に生かすことができるヒントのようなものを

見つける瞬間があると思うからだ。

 

ここまで書いていて、思った。

忘れることも思い出すことも、

すべては、今を生きるために大事なことだと

ぼくは思っているのだ。

 

 

来たる8月15日の終戦記念日に、ぼくらのシェアハウスで

「ピースフレイムムーブメント」という催しを行います。

語り部の方にお話を伺ったり、

映画『永遠の0』を鑑賞を予定しています。

この催しを通して新しく知る何かが恐らくあると思う。

そして、思い出す何かもあれば、

その何かを忘れるときもきっとまたくると思う。

それらすべての瞬間を、

精一杯生きられれば。

そんな理想を「平和」について考えるたび、思うのです。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

「今」という一瞬、僕らの生きるはここにあるのだ。