今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

今、じぶんのやりたいことを

そーいえば、

5月の週末はすべて、宮崎にいることがなかった。

どこかしらに出掛けていて、

慌ただしさを装っているようなじぶんがいた気がする。

そーなのだ。

外に出掛けているからといって、

必ずしも何かをやっているわけじゃない。

誰かの役に立っているわけじゃない。

えらそうなことなんて言えないのだ。

 

もちろん、社会にとってよりよいことを

いつもしなければならないわけでもない。

大切なのはじぶんが今、何を大事にしているかだと

口をすっぱくじぶんに言い聞かせている。

 

 

そんな5月と打って変わり、

ここのところの週末は宮崎にいることが多い。

つまり、時間があるってやつだ。

使おうと思えばいくらでも怠惰に使えるのが時間で、

何よりも後悔しちゃう浪費の1つもまた時間だと思う。

今はただ、来週に開催を予定している「ふとシェア!」の

準備でひたすら資料づくりと格闘している。

当日まで残すところ1週間を切った。

 

試行錯誤してつくっていると、

ホントにこんな感じで大丈夫かと思うことがある。

ちょいと不安要素を挙げてみると、

・伝わらなかったり、届かなかったりしたらどうしよう。

・満足してもらえなかったらどうしよう。

・うまくまとまらなかったらどうしよう。

とまぁ、とるに足らないことばかりなのだ。

 

そんなことをごちゃごちゃ考えちゃうじぶんと向き合いながら

それでも前に進んでいくしかない。

 なぜなら、

じぶんから始めなければ本当の始まりにはならないからだ。

本当の始まりと言ってもまぁいろいろあるのだけれど、

今、じぶんのやりたいことをやること、

というふうにぼくは捉えている。

 

どんな形であれ、どんな考えであれ、

一歩を踏み出すというのは不安があり、迷いがある。

それでもじぶんが描く理想がその先にあるのなら、

今やりたいことを表現していくことこそが「今の答え」なんだと思うのだ。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

不安や恐怖を抱えているときこそ、

何かに挑戦しているときなのかもしれやせん。