今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

箸を動かせ

よく考えたら、

宮崎の冷汁という名物料理を食べたことがなかった。

冷汁というのをうまく説明することができないのだけれど、

少しにごっただし汁のようなものだと思った。

こう書いてしまうとまったくおいしそうに聞こえないのだけれど、

おいしいとぼくは噂で聞いていた。

 

そこで、

今日行った居酒屋でたまたま冷汁を食べる機会に恵まれたのだ。

例のとおり、ごはんにかけて食べてみた。

やっぱりとってもうまかった。

ま、それだけの話なんですけれど、

なんでもかんでもやってみないとわからないよなと

思うことが最近多いです。

それと同じく、

食べてみないことには味はわからないってことですね。

 

食わず嫌いになってることって、じぶんの中でないだろうか。

勝手にじぶんの可能性を断ってしまっていないだろうか。

そんなことを思うと、

まだまだやりたいことややれることがある気がしてくる。

生きてる間にやりたいぜ、なんて意気込むじぶんがいる。

 

理想のじぶんをイメージしていれば、

きっとチャンスはやってくる。

今日食べた冷汁のように、

ぼくの目の前にやってくる。

あとは、箸をつけるかどうかだ。

 

おいしくたって、おいしくないと思えたって、

どっちでもだいじょうぶ。

まずは、食べるために箸を動かすことから始まるのだと思う。

 そして、そこから次の動きにつながっていくのだ。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

今年に入ってから、マンゴーも冷汁も食べられましたぞ。