今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

じぶんに会いに行く。

じぶんが今やっていることは、

「なんのために」やっているのか。

それをじぶんで言えるかどうかってのはとても大事なことだと思う。

ま、そんなことはもはや「当たり前」のグループに

分類されちゃうような常識なのかもしれない。

誰もが聞いたことがあると思うし、

それについて考えたことがあると思う。

 

でも、その「なんのために」が見えなくなることは多い。

大切にしているはずのものが

どこかに行ってしまうことがあるように、

目に見えないものだからこそなのか、

ときどきいなくなる。

 

「人はひとりでは生きていけない」と聞くけれど、

誰かの話を聞くたびに、誰かの行動を見るたびに、

じぶんの大事なものが分からなくなることもある。

 

だからこそ、じぶんに会いに行くことだ。

大事なものが、

見えなくなったとき、聴こえなくなったとき、

忘れてしまったとき、どこかにいなくなったとき、

外に答えはないと思う。

どれだけ周りが騒いでいても、

その声がどれだけ正しく聴こえても、

答えは自分の中にしかないと思う。

 

だからこそ、じぶんに会いに行く。

そして、

じぶんにとっての大事なものに触れてくる。

そうして、じぶん自身と共有すること。

じぶん自身に共感すること。

人に合わせる前に、

じぶんの気持ちを大事にしたいと改めて思うのだ。

 

「なんのために」

その答えを知る「わたし」にたどり着けるのは、

じぶんしかいないのだからねー。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

姿なきドッペルゲンガーはいつもここにいますぞ。