今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

今日の価値観を壊せ。

何事もなく穏やかな日々を望んでいるじぶんがいる。

その一方で、刺激を求めているじぶんもいたりする。

人はだれにも決めつけることはできない。

じぶんを通して、それを強く感じる。

 

これだという答えがあるわけでなく、

すべてが思い込みで、

すべてが知ったかぶりなんじゃないかと思うときがある。

そして、そのことに気づかぬまま一生を終える。

だとしたら、

思い込みだらけの人生も、案外おもしろいんじゃないのかと思う。

知ったかぶりの人生も、実は誰かの役に立っているのではないかと思う。

 

それは、嘘か真か。

それは、いいか悪いか。

それは、損か得か。

たくさんの二元論のなかで行われる議論はひょっとしたら、

どーでもいいことなのかもしれない。

そんなことを抜きにして、

人はおおいに人生をたのしむことができるとぼくは思う。

そして、それを分かち合える時代が来ているのだと思う。

すべての個人の「たのしい」を互いに尊重できる世の中がやってきたら、

一体どんな気分なんだろうか。

よくわからないけれど、

じぶんが勝手に思い込むその常識を押し付けることを、

まずはじぶんからやめたいと思う。

 

今日のじぶんの価値観を壊す。

そうやって、自分が変化そのものとなって変わり続ける先に

わくわくするものが待っている気がする。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

健康的なことに、最近10時前には眠たくなります。