今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

じぶんを深める

さきほど、熊本から帰ってきました。

さて、今日1日をなんてあらわそう。

一言でいうと、「たのしかった」になる。

日頃からそんな1日を生きたいと思っているし、

生きれていることがすなおにうれしい。

 

今回の「たのしかった」というのは、

与えられたものに対する満足感だけではなく、

また1つじぶんのことを知ることができたというたのしさだ。

つまり、じぶん自身に深くはいってゆく、

とってもいい機会になったのでした。

 

以前、ぼくの尊敬する先輩が、学びには2つあると教えてくれた。

1つは知識として人や本など外から受け取る学び。

もう1つがじぶんを深めるという学び。

どちらもあってホントの学びなんだと、

最近改めて感じています。

 

そして、今日まで

たくさんの人たちの話を聴いてきた中で、

わかったことが1つある。

誰もが話していることに関しての共通点、

それは生きる上で何を大事にしているか、ということだ。

言いかえれば「なんのために」生きているか、ということでもある。

ぼくはそこにとても興味があるし、

たとえどんな答えだとしても、おもしろいと感じるじぶんがいる。

反対に、そこに触れずに話す人に興味を抱くことも、

共感することもないじぶんがいることも知った。

 

その気づきから出てきた1つの答えは、

自己開示をしていくことが、共感につながっていくということだ。

何を大事にしているかって、

ありのままのじぶんを出すことになると思う。

日頃考えていなければ、なかなかとっさに話すことはできない。

シンプルだけど、だからこそとっても大事なことだ。

でも、そこでじぶんを出すからこそ聞く人も表現をしてくれる。

そこにこそ、共感は生まれる気がするのだ。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

じゃあ一体、何を大事にして生きてんのか、じぶん。