今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

理想

今のじぶんの目標ってなんだろう。

今のじぶんの目的ってなんだろう。

そうやって考えてみると、

普段あまり意識していないことに気づかされる。

どんな理想に向かって今日を生きるか。

それを描くことってとても大事だと、改めて最近思うようになった。

 

㈱原田教育研究所の原田隆史さんは、

20年間、中学校教師として教育現場の最前線で動いてきた人だ。

なかでも、部活動での指導で数々の偉業を成し遂げられている。

原田さん自作の目標設定シートをもとに、

その競技を通してどうなりたいか生徒に質問する。

そして、なんのためにそうなりたいのか、また質問してゆく。

原田さんはそこで優先順位があることに気づいた。

「目的1番、目標2番」だと。

つまり、

なんのためにの目的があって、どうなりたいかの目標がある。

いろいろの目標の先には、必ず目的があるのだ。

それをいつも意識して実行する習慣づくりによって、

生徒たちの能力は飛躍的に成長したという。

 

今日じぶんがすること、したいこと、やらなければいけないこと。

その1つひとつにたいして、

「なんのためにやるのか」と

「どんなやりかたが理想か」、

「やったあとどんなふうになっているのが理想か」を

問うてみる。

それが、ちまたでよく言われる「全力でやる」、

「ベストを尽くす」というものにつながる気がするのだ。

 

簡単なことじゃない。

だけれど、理想を実現するためには、簡単じゃ届かない。

じぶんにできる最高を、「ここぞ!」というときに発揮するためにも、

最高を出し切ったじぶんで毎日を終えられるといいな。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

理想のじぶんは思い描くことからはじまる、気がする。