今日のふとす

モットーは「毎日開店」。

正直者でいこう。

仕事もそうだけど、

シェアハウスということもあり、

いろんな人の話を聞かせていただくことが多い。

人の話を聞く。

そのとき、大事にしていることってなんだろうと、

ふと考えてみたら、

誰の話を聞くときも決めつけないこと、というのが出てきました。

つまり、この人はこういう人だ、

と勝手に判断や分類をしないってことです。

 

日本人はどうやら、目の前の相手をまず、

これからも付き合える人かどうか、と判断するそうです。

反対に、アメリカ人はまずその人を受け止めるそうな。

一概に言えることではないと思うのですが、

これはこれでおもしろい違いではあります。

 

ま、それはおいといて、

決めつけたり、分かったふりをすることって

基準がじぶんの中で完結しちゃっているから、

おもしろくないんですよね。

 

だから、じぶんの基準でわからないことがあれば、

そのわからないをぼくは噛みしめようと思っています。

今はよくわからんけれど、

いつかわかるかもしれないぞ、という可能性を信じながら、

今できることをする。

そのできることが、

感じたもののありのままを噛みしめて味わうことであり、

考えさせられることにまずは正面から向き合ってみる、

というものであります。

 

つまるところ、

大切なのはじぶんに正直に生きることだと思うのです。

正しいといわれることや、

こうあるべきといわれているもの、

それらと必ずしもじぶんのこころが合致する人なんているのかい。

わかってないけれど、わかったと言わされている、

わかったと言ってその場をしのいでいるのなら、

そいつはとってもじぶんを寂しくしてる気がするのだ。

 

だからこそ、じぶんに正直でいるならば、

きっと自然にこころは表出してゆくのだと思う。

 

今日もお越しいただいてありがとうございます。

なによりもまずは自分自身に、正直者でいきたい。